スポーツ外傷

こんなお悩みはありませんか?

  • 足首の捻挫がなかなか治らない・クセになっている
  • オスグッドと診断されてから治らない
  • 投球動作で肩が痛い
  • シンスプリント(すねの痛み)があって練習出来ない
  • 腰が痛くて走れない
  • 運動中に膝を痛めてしまった

スポーツ障害

スポーツ外傷について

スポーツ外傷は、大きく2つに分けることが出来ます。

①外傷
一度に強い力が加わることにより生じるもの。怪我のことを指します。
例)捻挫、骨折、筋肉痛、肉離れ、脱臼など
②障害
ジャンプや走り込みなどの毎日の動作の繰り返しで特定の部位に力が加わり続けて発症する体の故障のことを指します。長期的に体の一部に負担が掛かり続けて起こるため、「使い過ぎ症候群」とも呼ばれます。
例)野球肩、野球肘、ジャンパー膝、オスグット、シンスプリントなど


<スポーツ外傷の主な部位と種類>

むち打ちなど
野球肩、リトルリーガーショルダーなど
野球肘、テニス肘、ゴルフ肘など
腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群など
ジジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病など
シンスプリント、アキレス腱炎など
関節
足底筋膜炎など

もし最初は痛みが軽かったとしても、体に負担をかけたままスポーツを続けてしまうと当然 状態は悪化してしまい、スポーツをしていない時ですら痛みが出てくるようになってしまい ます。少しでも異常を感じた場合には、我慢せずすぐにかねつぐ鍼灸整骨院までお越しくだ さい。

スポーツ外傷の施術法

症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を行います。

R 休息(Rest)
I 冷却(Ice)
C 圧迫(Compression)
E 挙上(Elevation)

■休息(Rest)…患部を包帯やテーピングで固定し、安静な状態に保つ。
■冷却(Ice)…患部を氷などで冷やし、腫れや炎症を抑えます。
■圧迫(Compression)…患部を包帯やサポーターなどで圧迫し、内出血や腫れを抑えます。
■挙上(Elevation)…患部を心臓より高い位置に上げることで、リンパの流れをよくして腫れを抑えます。

<期待できる効果>
●パフォーマンスを向上したい
●関節の可動域が広がり、体の柔軟性がアップ
●ケガをしにくい体作り
●慢性化していた痛みやしびれの解消

スポーツ選手だけでなく、趣味で運動を楽しむ方も!

スポーツ外傷の治療はもちろん、外傷を未然に防ぐためのトレーニング、骨盤矯正や姿勢矯正など体のバランス調整の指導方法まで提案致します。正しい身体の使い方を知ることで、コンディションを整え、最高のパフォーマンスでスポーツを楽しみましょう。

かねつぐ鍼灸整骨院

 
9:00-12:00 ×
15:00-20:00 × ×
  • 診療時間:午前 9:00〜12:00、午後 15:00〜20:00
  •     :土  9:00〜13:00
  • 休診日 :土午後・日・祝

06-6969-5317